facebook
pinterest
sklo

2016.11.23

11月22日オープンした中目黒蔦屋書店にて SKURO のお米を
お買い求め頂けます。

石田屋 gamadan
私たちの黒米を使っていただきました。

11/23(水)~11/28(月)


「七十二候 めぐり飯」 小雪((第五十八候))
虹蔵不見 ニジカクレテミエズ

赤の皿:紅くるり大根と自家製スモークサーモン
黄の皿:黄色収集サラダ 緑の皿:ほうれん草のポタージュ
青の皿:ブルーチーズのメートルドテルバター添えハンバーグ
紫の皿:SKLO米の紫ごはん
虹の皿:ニジカクレテミエヌ五郎島金時のチーズケーキ

〒921-8152 石川県金沢市高尾3−4−1
076-298-4800

2016.11.13

今年最後の草刈り作業。
もう山はめちゃくちゃです。イノシシの被害がとんでもない。
私たちが山を無視していた隙に完全に獣の領域になってしまった。
自然の恵みを享受すればいいとか、獣との共存だとか色々言うけど
人間という生き物は、再び覇権を握るまで納得しないだろう。
この先人間はどんな手を下すのだろうか。

2016.11.4

当たり前すぎてなんとも思っていなかった光景は、
実は特別だったことに最近よく気づくようになった。
正確に言うと、気づかされたというのが正しい。
干し柿の干されている光景はよく見ていたのだが
このなんとも愛嬌のある姿、そしてあの渋柿が干すだけで
甘くなるという奇跡、こんな不思議なもの然う然うない。

2016.11.2


クレソンを発見した。まさか自生?って一瞬思ったのだが
数年前に種を少しパラパラ蒔いてみたのを思い出した。
忘れていたのでとても得した気分に。しかしクレソンの生命力が
とてもすごい、あっという間に付近に広がってしまった。
最強の野菜ともいわれる栄養の宝庫が我が家にあったなんて。
クレソンは、良質の水辺を好みます。我が家の井戸水は常に
枯れることなくこんこんと湧き出ています。その脇のクレソンは
枯れることなく常に更新されています。 当たり前に野菜や山菜、
木の実があるということ。こんな贅沢はないのではないでしょうか
野菜が高いと聞きます。経済によって私たちの生活、食の安全や
安心が揺らぎます。その都度焦り、ストレスを抱える。
そんな社会からの離脱を宣言したような気分でした。


goto top