facebook
pinterest
sklo

2016.8.18

8月18日、我が集落史上最も早い時期の稲刈りが始まりました。
今年は晴天に恵まれたこともあるのですが、忍び寄る温暖化による
気候変動を感じざるを得ません。

それはさておき、新米の「ゆめみづほ」は上々の仕上がり。
早くて月末には出荷できますので、いち早く新米を味わいたい方は、
ご連絡ください。

2016.8.16

ー 風と土の詩 ー

風は 遠くから

理想を含んで やって来るもの

土は そこにあって

生命を生み出し はぐくむもの

君 風性の人ならば

土を求めて吹く 風になれ

君が 土性のひとならば

風を呼び込む 土になれ

土は 風の軽さを わらい

風は 土の重さを さげすむ

愚かなことだ

風は 軽く 涼やかに

土は 重く 温かく

和して 文化を生むものを

2016.8.10

お盆前、ひたすら草刈りをしています。今年から近所の田んぼの草刈りも
請け負うことになりました。どこの山村地域でもいえることだろうが
高齢化により作業が追いつかず農地管理を手放す家が増えている。
私たちは、担い手農家として地域の秩序と景観を守るため、それら
作業を請け負うことにしている。しかしいつまでもこのままだと
自分たちが破綻してしまう。 さて、どういう仕組みを作ろうか!


goto top