facebook
pinterest
sklo

2016.4.30

【道具と芸術】

こちらでは、あくまでも生産者の視点で語っているので
芸術を語ることは避けたいと思う。
あくまでも一道具として数本の鍬が加わった。
昨年、自身が経営するお店のギャラリースペースにて開催された
「木谷洋 個展  before homo habilis」が今も継続中である。
【道具と芸術】この先も注目していてください。

2016.4.21

新作鍬

グリップ感はまずまず、馴染んでいくでしょう。
鉄部の薄さ、角度は完璧に仕上がっています。

2016.4.17

強風警報をなめていた。大したことないだろうと思っていたが
大した強風だった。必死でビニールハウスを死守しました。
ビニールハウスに少しでも隙間があると、風が吹き込み出口のない
風はハウスを内側から吹き飛ばしていく。自然を前にして人間は
あきらめる か 手足を使った最低限の防御しかできない。

2016.4.14

お米の残量が少なくなってきました。

本年は、昨年以上に私たちを知っていただく機会に

恵まれ、残りのお米が、2016年度の収穫までに終了する

見込みです。今年は、有機田への転換期間も終え、昨年以上の

生産体制を作る事ができます。2015年度のお米に関しては

在庫不足でご迷惑をお掛けするかもしれませんが、

2016年度もどうぞよろしくお願いしたします。

2016.4.8

竹炭作りの様子

ドラム缶で作ったオリジナル窯です。初の窯入れを行ないました。
竹は、集落の間伐竹を使います。孟宗竹約20本を6等分くらいに
割り窯に詰めていきます。予定では火入れ 約6時間、全体に火が
行き渡り煙の色が青白くなり火止め。想定外の自体もありましたが
なんとか終了、後日窯出しを行ないます。

2016.4.7

春ららら市 2016」に参加します。

2016年4月9日(土)10日(日)

時間:10:00-17:00

場所:しいのき迎賓館横

SKLO のオリジナルアイテムを始め

SKURO の コシヒカリ、 黒米、黒米餅、竹炭を販売します。


goto top