facebook
pinterest
sklo

2014.8.29

9月上旬からコシヒカリの稲刈りが始まります。

新米の受注も行います。お気軽にお問い合わせください。

我が家のお米は、有機特別栽培米。さらにその中でも

特に出来のよかったお米には 與 の印が押されます。

「與」与える の旧字は、代々 與左右衛門 を名乗り、

田畑を守り続けてきた誇りとしてそしてこれからも

守り続ける決意の証として使用していきます。

2014.8.21

《金沢ナイトミュージアム》

sklo × ohta 企画「お米と交換」

skuro 米農家 http://skuro.sklo.jp/
ohta 洋服ブランド http://www.ohta.info/

来場者は、手持ちの何か、またはこのイベントの為に
持参したモノを差し出し、私たちの独断、または対話の上で、
モノの価値相応のお米と交換することができる。
交換でお米を手に入れる。その体験を通し私たちの生きている
貨幣社会について思い巡らせてみる。私たちが、お米と洋服を
交換しているように、様々な交換が行われる社会を
想像してみる。何かが生まれる予感、心華やぐのは
私たちだけではないのではないでしょうか。

日時 : 8月23日(土) 17:00 - 20:30
会場 : 中村記念美術館 旧中村邸
住所 : 金沢市本多町3-2-29
参加費 : 無料 (持参いただいたものと
お米が交換できます)
問合先 : SKLO TEL.076-224-6784

2014.8.20

ひらみぱん

黒米を用い素敵なパンを作ってくれています。

920-0865 石川県金沢市長町1-6-11

Tel 076-221-7831

2014.8.17

今朝は、久々の大雨、洪水警報だったので嫌な予感がして

田んぼの見回りをしました。やはり予感的中、お米が溺れ

かけています。こうなると、もうどうしようもありません。

稲穂が水に浸かるともちろん良くない。ギリギリのところで危機は

回避したが稲刈り前のタイミングでこの洪水はさすがに焦った。

その後8時から大雨の中、集落の道路の補修作業がありました。

恥ずかしながら我が集落の農道は、ほぼ100%舗装されていない

道路。この時代において奇跡的な道路をなぜか維持している。

江戸時代から変わったことといえば、軽トラを使うようになった

くらいじゃないだろうか。でも不思議と文句を言う人はいない 。

黙々と雨の中 轍(わだち)に砂を敷いていく。何なのだろう?

この感覚は。。。条件が悪くなればなるほど団結して、集中して

作業を行っている。絆が強くなっていく。世の中なんでも

便利へと向かっているが、それのみ正義とされるが、

悪条件がもたらす得もあるのだ。

2014.8.9

お米の成長はとっても早い! 5月上旬に田植えを行い、

8月下旬には稲刈りがスタートします。ということは、

たった4ヶ月なのです。 その間全く油断ができないわけで、

ブログの更新が遅れた理由にしておきます。

ツイッターでは、マメに更新をおこなっておりますので。

現在までの生育状況をお伝えします。「コシヒカリ」は順調!

「ゆめみずほ」は、おそらく追肥のタイミングの問題で雑草が

多く生えている田んぼもあります。 だがしっかりと草取りを

行いますのでご安心を!

2014.8.4

départ

グラノーラに「黒米」を使用頂いております。
また、店内にて「黒米」と「コシヒカリ」を
販売しております。

150-0001
東京都渋谷区神宮前
3-15-16 fleuve 表参道 1F
03-5413-7210

12:00~17:00 (月 火 定休)


goto top