facebook
pinterest
sklo

2014.1.24

我が集落は、稲作を中心としたごくごく一般的な集落です。

かつては、各家々に納屋があり、米を保管する為の土蔵が

ありました。現代になって生活習慣の変化とともに土蔵よりも

車庫が必用になってしまいました。時代とともに変化することは

仕方のないことです。しかし、守り続けなければいけないことも

あるのです。一度失ってしまうともう二度と見ることのできない

景色、ここに価値を感じる感受性は失いたくないものです。

皆さまのお米は、ここに大切に保管していますので!

2014.1.18

2014年の八専です。

八専とは、暦の上の選日で、この期間に竹を切ると

その竹は腐りやすかったり、虫が付きやすいといわれています。

なので、竹を採取するには、八専の期間を避けて伐採します。

ということは、木を枯らしたい時は、この時期に行うといい。

いまいち納得ができなかったのでいろいろ調べてみると、八専の

期間は雨が多いだとか、季節の変わり目だとか、大根引きをしない

だとか、集落の年寄りも皆そう言います。言い伝えは確かに

存在するのです。また、実験による科学的根拠のレポートも

確認しました。そして自分なりの結論を出した。

伐採、採取を八専に従って行おう!

今年の竹の採取適期は、10月20日〜12月6日までの間となります。

2014.1.12

11日は鏡開きです。神社、仏様、仏壇、神棚、家中いたる所に

お供えした鏡餅が役目を終える日です。鏡餅は善哉(ぜんざい)

にしていただきます。我が家では、昨年小豆を作りました。

自家製あんこと黒米鏡餅で作る善哉、最高の贅沢です。


goto top