facebook
pinterest
sklo

2012.12.27

黒豆ができました。

春に植えた黒豆を秋に収穫し、自然乾燥させ、

ようやく最終段階です。一粒一粒がとても貴重に

思えるのは、大事に育てている証拠。

一昨年育てた大豆は、お守りとして数粒飾って

おいたし、実家の仏壇や神棚にもお供えした。

この黒豆も数粒大事に持っておこう。


2012.12.22

JAPANソーシャルアワード2012

幸せについて考えよう。

島根半島の沖合60kmほどの日本海に浮かぶ、
大小およそ180の島からなる隠岐諸島のひとつ
中ノ島に位置する海士町(あまちょう)。面積
33.5平方キロ、人口約2,300人ほどのちいさな
町が、地域活性化のモデルケースとして、昨今
注目を集めています。数年前まで高齢化と財政
危機による基金残高の減少で存続の危機に陥っ
ていた海士町でしたが、町職員、地元継続居住
者、UIターン者が三位一体となって島全体の
活性化を図った結果、新しい産業ができ、新規
Iターン希望者が集まる元気な町に生まれ変わ
ったのです。日本有数の過疎地である海士町が、
自分たちにとってもっとも「幸福」なことは何
かを考え、そのための行動を起こし、その手で
「幸福」を掴もうとしています。

2012.12.20

ハンドピック

我が家の黒米は、手植え、手刈り、自然乾燥。
できるだけ昔のやり方で丁寧に育てています。

袋詰めする際ももちろん手は抜きません。胴割れ米

など品質の悪いものは、手で抜き取っていきます。

コーヒー好きならご存知かもしれませんが、

いわゆる ハンドピック というやつです。

コーヒーに比べ粒が小さく摘みにくいのが

難点ですが、冬の仕事としては最適です。

まだまだあります。。。

2012.12.10

農家の冬の仕事といえば、あまりピンとこない

かもしれませんが、実はたくさんあるのです。

この地方はこれからの時期、雷と雨と雪が続きます。

そんななか「しいたけ」 や「なめこ」を栽培する為の

クヌギの木の伐採、そして運搬、柿や柚子の収穫、

冬越し野菜を植えたり、枝打ちした枝の始末、農機具

の整備、来年に備えてあらゆる準備をします。

あと、肝心のお米の 販売などもあります。

2012.12.3

12/2(日)東京代官山のヒルサイドテラスにて

黒米、コシヒカリを販売しました。骨董市の傍らで

ひっそりとお米を並べたのですが、嬉しいことに

多くの方々に購入いただきました。改めて、都内での

健康意識の高さを感じました。思った以上に黒米が

認知されており、積極的に試してみようという機運を

感じましたし、白米もまた同じで生産者の顔の見える

お米を探し求めているのだなぁと感じました。


goto top