facebook
pinterest
sklo

2012.9.20

こちらは、JAの米倉庫、日本の食料全然大丈夫
なんじゃない?って思うくらい沢山あった。

毎年お盆明けに日本の国内食料自給率が発表される。

2011年度の自給率は、カロリーベースで39%でした。

このカロリーベースってのは、あくまでも比較材料の

一つと見ておく必要があり、生産額ベースの食料自給率

を見てみると70%ということになる。結構大丈夫なんじゃ

ないかと思えてくる。さらに為替や社会状況で輸入量は

大きく変わるわけで、結局のところよくわかんないという

ことです。勝手に結論づけると、これら数字でわかるのは、

あくまでも他国との比較と、ここ数年の推移くらいでしょう。

国家は2020年に自給率50%を目指しているらしいが、

いっそのこと39%は立派だと言ってしまうほうが、

焦ってヘンテコな制度を作り、税金をばらまき、さらには

達成もできない、ということにはならないかもね。

まあ、とりあえず我が家の食料自給率を上げることに

専念することにします。

2012.9.11

黒米の稲刈りが終了しました。

我が家の黒米は、手植え、手刈り、自然乾燥です。

総てが機械化されることで、百姓が農家となり、

農業が生まれました。しかし、農業となったのは

戦後のことで、何百年も受け継ぎ引き継いできた

百姓としての技術や知恵を私達の代で途絶えさせる

わけにはいかないのです。だからたった一枚の

田んぼだけど、百姓としての誇り日本文化の根幹を

失わないための田んぼなのです。

2012.9.1

「コシヒカリ」 の予約は、今月半ばまでになります。

「コシヒカリ」9月中旬

● 10kg -  4,000 円 玄米
● 20kg -  7,500 円 玄米
● 30kg - 10,000 円 玄米

- ご注文は -

skuro@sklo.jp
090-3768-6522

塚本 までご連絡ください。

「ゆめみづほ」 の販売を終了しました。

今年も 一等米 でした。

一等米とは、品位等検査という、品質の検査を受けて、

一等級であると認められた米のこと。検査では、

一等級、二等級、三等級、規格外の4ランクに分けられ、

品質を表す一つの基準となるのです。

一等級を得るには、粒がそろっているか、着色米がないか、

汚れや割れがないか、水分含有量はどうかなどが判断

されます。例えば、着色米は1000粒中1粒までなどと

なっており、1000粒中2粒でも着色米があれば、

2等米になってしまうのです。


goto top