facebook
pinterest
sklo

2011.3.31

苗用のビニールハウスを設置しました。
早朝 6時からの作業です。なぜ 6時かというと、朝は風がないからだそうです。

風があると、ビニールハウスのビニールが飛んでいってしまいます。

大きなビニールなので風がないときに設置するのは絶対です。

最後に、クリップのようなものでバタバタしないように

抑えつけていきます。9時頃からすこし風が出てきました。

2011.3.29

あぜ塗りが始まりました。

世の中で、どんなことが起きようとも

時間の流れは変わりません。

そして人間も歩みを止めることはありません。

春になれば、新芽が芽生え

百姓も田植えの準備を始めるのです。

2011.3.11

我が集落の神社は、とても小さな神社なのだが、拝殿とその奥に本殿がある。

今冬、本殿が雪で倒壊してしまいました。しかしこの出来事には必ず深い意味が

あると思っています。私たち日本人は、問題や苦難をバネにして成長してきました。

今回の出来事から、何らかの要素を見つけだし、プラスに転じ生かさなければ

いけません。と考えつつ、この神社のルーツをいろんな人に尋ねてみました。

しかし、誰に聞いても答えが出てきません。祭神の名前、神社の由緒、

建立の年号、誰も何も知らないのである。この事実は、私たちがしてこなかった

こと、そしてこれから何をしなければならないかを明確に示しているようです。

2011.3.1


神社横の高台から集落を眺めてみました。

本殿が倒壊してから、私たちが頑なに守り継いでいる神社のこと、

そしてお寺や集落、地域のことを知りたくなりました。

こんな時代においても、私たちの生活は、信仰と共にあり、

集落の集合体を守っている。その理由を知らなければいけないし

しっかりと語り継いでいかなければならない。


goto top