facebook
pinterest
sklo

2010.11.22

気がつくと今年も柚子の季節になりました。
今年もバケツに何杯もの収穫。
ほしい人がいたら言ってください。差し上げます。

不思議なことに、每年違う木が豊作になります。
去年豊作だった木は今年は不作。
木にもペースってものがあるわけです。
每年コンスタントに結果が求められる
柚子農家の木達とは違います。
いつも言っているが、自然の実りをありがたく
いただく程度がいいのです。

2010.11.11

こちらは休耕田という いわゆる農作放棄地です。我が集落でも気がつくと
4割の田んぼが作られていない状態。この地区では4割はまだいいほうなのだそう。
かつての美しい田園風景を失いたくない。守らなくてはいけない。その思いが、
休耕田をなくす仕組みづくりを生みました。この写真に写る3枚の休耕田。
来年は美しい水田になります。

2010.11.7

大豆を収穫しました。わらで結び自然乾燥です。
去年の2倍はあります。
土づくりがうまくいったのか、ハト対策が功を奏したのか。
しかし問題もたくさん。品質のばらつきが 激しいのです。
とりあえず、今日は考えるのやめて充実感に浸ることにします。

2010.11.6

とうとう大津波が農村を襲いました。
TPP 果たして日本国は、どう舵を切るのでしょう。
どちらにしても、コメ農家も少しは目がさめたのではないだろうか。
同時に絶望感も襲ってくる。なんとも複雑な心境です。

かつて日本は、鎖国政策のなか突然のペリー来航に慌てふためき、
開国した歴史があります。TPP が現代のペリーになるのでしょうか。
ここは、じっくり見届けることにします。

稲刈りが終わっても、来年のためにひたすら草刈りです。


goto top