facebook
pinterest
sklo

2010.6.17

ポット大豆を畑に植えました。

今年は、昨年の反省を踏まえいろんな
シュチュエーションを設定してみました。
昨年とれた大豆と新たに購入した大豆との比較。
そして、ハト対策と消毒を兼ねて竹酢液をふりかけた種と
何もしない種の比較。ハト対策のベストな方法を見つけるため
畑に直に植える大豆とポットに植えて移し替えるパターンの比較。
ポットの大豆も、昨年のものと購入したものに分け、
一粒の種、二粒の種、三粒の種と分けて芽の出かたを見ます。
成長してからは、収穫時の豆の個数も数え、何粒植えが
ベストか見つけます。鳩は竹酢液が本当に嫌いなのか
竹酢液を絡めた大豆と絡めない大豆をそれぞれ5粒並べて
わざと見えるように置いてみたりもしました。
どっちも綺麗になくなっていました。
ハトはグルメじゃないことが分かりました。。。

2010.6.10

2010.6.6

芽がでました。
しかし、芽が出たのは昨年収穫した豆ではなく
今年、新たに購入した豆がほとんどでした。

2010.6.3


大豆畑の水やりと、畑一面に糸を張り巡らしました。
ポンプで水を汲み上げシャワーのように一面にまいたのですが、
この味を知ってしまうとジョウロでの水やりはできません。
そのあとは、ハトと人間の攻防です。竹の棒を地面に打ち付け
釣り糸を這わせます。そして所々にキラキラ光るテープを
結んでいきました。確かに、自分がハトだったら
不気味に感じて近づかないかも。


goto top