facebook
pinterest
sklo

2010.2.24

世界各国では、限られた自国の農地のみでの農業生産をあきらめ

世界各地で農地を獲得するため争奪戦を繰り広げています。

お隣韓国では、国内の農地と同じ面積の農地を海外で確保する

といった大坦な国策を掲げました。中国、インドなどの

後進国も近々訪れる世界規模での爆発的な人口増加による

食糧難に備えて、世界各国の農地を買いあさっています。

これがゴールドラッシュならぬランドラッシュです。

そんな世界的な動きに対して食料自給率40%の日本はどうして

いるのかというと、自国の農家を守り自給率向上を目指す動きと

国際的な陣取り合戦に参戦しなければいけないといった動き

両者に挟まれ身動きが取れなくなっているのです。

最悪のシナリオはこのまま何もできずに時間だけが過ぎること。

ちなみにランドラッシュはあと数年のうちに終結するとのことです。。。

2010.2.11

世の中にはたくさん人がいて、それぞれがいろんな事を考えている

ものです。食料の問題を、都会では盛んに取り上げ、学び理解しようと、

なにか力になれないかと選択肢を生み出し行動する人たちがいます。

一方で代々土地を引き継ぎ守ってきた田舎の人は、田んぼを苦渋の選択で

あきらめてしまいます。しかしその直前に選択肢が目の前にどれだけ提示

されていたのだろうか。おそらく目の前の選択は2択だったのでしょう。

都会と田舎の間にはいまだ深い渓谷がある。早く橋を架けなければ。

しかしそれはけっして “コンクリートの橋” ではないってことです。

2010.2.10

祖母に豆の選り分けをお願いしました。

聞いてはないけどおそらく50年はやってきたのでしょう。

1年目の素人とはわけがちがいます。大丈夫な豆と駄目な豆の境目すら

分からなかったが見て納得、皆さんが食べてる大豆は本当に奇麗な

大豆なんですよ。ちなみにこのくず豆と豆の枝やさやは

貴重な有機肥料になります。改めて捨てる物などないのです。


goto top